こちらは株式会社足柄グリーンサービス野外教育事業グループが提供している、
PAA21(Project Ashigara Adventure21)冒験プログラムの公式サイトです。

PAA21 冒険学習プログラムについて


冒険学習の学び方(1)

体験学習のサイクル (体験+知的整理)

    1、Forming まず実行してチーム感を得る。
    2、Storming 実行した結果を討議する・・・方法、行動、発言、感情。
    3、Norming 成果を高めるのに必要な学びを共有化する
    4、Performing 決めた事項を、実行して検証し、役立つ学びを選択する。
       1~4 を繰り返し、学びの質を高める


zu1.png



冒険学習の学び方(2)

冒険はリスク(目標)を共有化させる。

    1、個人やチームは、リスクを取ることで、殻を破れるように成長できる。
    2、チームは、リスクを克服するプロセスを経て、シナジーを起こし、
      より優れた成果を生み出せるように成長できる。
    3、チーム・組織がシナジーを起こしより高い成果を生み出すことについて、
      メンバーには共同責任がある事を理解できる。

iStock_000016721123XSmall.jpgiStock_000017418699XSmall.jpg




冒険学習の学び

個人の行動モチベーションを高める。

    1、行動する価値・・知ってる事は、実行して越す価値がある。
    2、パラダイムの転換・・固定化しつつある自分の価値判断をリニューアル。
    3、シナジー体験・・チームで行動するとシナジーを起こせる事を理解。
    4、本気・信頼・・お互い本音で話し合える大切さを体感
    5、モチベーションを高める・・内発的なモチベーションが行動の根源。


iStock_000017744635XSmall2.jpgiStock_000003998175XSmall.jpg